お釈迦様が説く布施の重要性。

仏教の開祖、お釈迦様の言行録として世界的に有名なダンマパダ(法句経)の中に、布施をすることの重要性が次のように説かれている。

「善い人々は僅(わず)かであっても、正しく、わかち与えるならば、多くの人々に勝つ。

ただ物をくれてやることが勝つのではない。

たとい、僅(わず)かなものであっても、信仰心をもって与えるならば、この人は来世において安楽となる。

分かち与えることと戦闘とは相等しいと人々は言う。

これらの美徳は悪人には存在しない。

人々にわかち与える時は、戦闘の時のごとくである。

その原因をまとめて言うならば(いずれも他と)等しいであろう。

執着する心がなくて施しを与える人は、幾百の障害に打ち勝って、敵である物惜しみを圧倒して勇士よりもさらに勇士であると、われは語る。

福徳の果報が熟するのは楽しい。 希望する事が成就する。

そうしてその人は速やかに最高のやすらぎ、覆いの解きほぐされた(解脱)の状態におもむく。

福徳を積んだ人に対しては、悪魔の身をとった神々も、他から害をなすことも、障りをなすこともできないであろう。」

書籍「ブッダの真理のことば 感興のことば 中村元訳 岩波文庫」269ページ~270ページ引用。

ブッダの 真理のことば 感興のことば (岩波文庫)

新品価格
¥1,111から
(2020/10/31 21:21時点)


また、舎利礼門というお経の中に

万徳円満、釈迦如来という文言が出てくるが、

仏様、お釈迦様は、万(よろず)の徳が全て備わっている存在といわれている。