釈迦 舎衛城 双神変像

釈迦は外道を調伏するために、舎衛城郊外において大神変を現ずる。まず世尊(釈迦)は三昧(瞑想)に入り、空中に飛び上がって、身の上下から火と水を発出する双神変を現づる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です